アラキドン酸イメージ

アラキドン酸の生化学を知っておこう

アラキドン酸は脳の働きの中で物忘れや認知症の予防として期待されている物質です。
アラキドン酸は細胞膜と呼ばれる細胞にある壁状の膜の中のリン脂質と呼ばれる前述で説明した細胞膜の主だった構成要素となったり、脳の電気信号にも関わる要素の中にあります。
そのため、アラキドン酸は脳の中に最も多く含まれています。
こうした要素であるため、アラキドン酸はほとんどの哺乳類にとって体内では自力で合成出来ない為、他から補うことの出来ない脂肪酸の総称である必須脂肪酸の仲間であるといえるでしょう。
そして、このアラキドン酸は、特殊な条件で生まれる脂肪酸である不飽和脂肪酸の中に属するリノール酸という別の要素を基にして作られています。
しかし、このアラキドン酸は必要な栄養素でありながら野菜に全く含まれていません。
肉や卵、魚や母乳といった動物性脂肪に多く含まれています。
なので、動物性脂肪がある食品を食べることをお勧めします。
前述までアラキドン酸の生化学を理解していただく為に細かく説明してきましたが難しかったのではないでしょうか。
最も身近な使用例としてアメリカ等の海外では前述まで説明した理由から脳機能の成長や精神成長に著しい効果があるのでアラキドン酸が含まれたものを赤ちゃん用の粉ミルクに使用して、幼いころから与えているという使用例があります。
この記事を読んでアラキドン酸を身近に感じていただけると幸いです。

↓アラキドン酸を摂るにはサプリメンとがおすすめ